副業から税金まで

この記事をシェアする

プランニング

投資についてあまりわからないと、自信がなくて前に進めません。
アパート経営などの不動産投資は、株式他の投資などとは、全く違います。
株価は変動が大きく得もすれば損失も大きかったりですが、不動産投資は比較的穏やかな変動で安定した収入になります。
土地価格の変動は緩く、株式や投資信託との比較では、多少安定しています。
株式投資などは、一日中張り付いて株価などのチェックで忙しく知識もかなり必要ですが、アパート経営などはメンテナンスが中心で入居者の対応などがメインです。
アパート経営管理などは煩わしそうに見えてしまうかもしれませんが、賃貸の管理業務を会社に委託するシステムを使うこともできます。
管理会社に任せるやり方で、大家さんの利用率も多く、大家さんの負担軽減になります。
専門家に任せるやり方です。

良き相談相手

空き地を駐車場として賃貸しているところを相続して、立地が良ければ丸ごと店舗経営している会社に、土地を50年契約して賃貸することで、増収して安定した収入を得ることもあります。
ワンルームマンション一棟でも、駅に近いなど交通に至便で会社の寮などに利用する目的で、個人ではなく会社と一棟貸しで長期契約して安定した賃貸収入を得るケースもあります。
賃貸契約する相手次第で、より安定した賃貸契約や資金回収も望める可能性もあります。
目的を明確化して、相続税の節税対策が主であるのか、所有土地の固定資産税の節税が懸案事項か、収益が欲しい、定年後の収入確保、金融商品以外の投資目的での資産にしたい等、意思が決まっていれば、専門家に不動産投資の相談がし易くなります。
副収入と節税のメリットを見出しましょう。